任意整理でどれくらい減額できるかの目安

任意整理は、債務整理の中では比較的ですが費用を安く抑える事ができる方法です。 基本的には、弁護士(もしくはあなた自身)と、貸金業者とで借金返済のプランを相談して、両者が納得できるところで和解しましょう、という借金整理の方法です。 ではでは、実際のところ、今ある借金からいくらくらい減額ができるのか? 目安となるものは知っておきたい所です。

任意整理の減額計算はどの様にされるのか?

任意整理の計算方法、いわゆる引き直し計算ってやつです。 聞いたことはあるかもしれませんね。 難しい話はなしにしてご説明すると、要するに法律で決められた以上の利息で貸していた分を減額しますよって事です。 当然、あなたの借金額や、返済期間に応じてその金額は異なってくるので一概には言えません。 しかし、目安となるものはある程度参考までに欲しいですよね。

任意整理の減額目安

任意整理の計算は利息などを正確に把握していなければわからないので、あくまでも目安ですが、取引期間が3年以上あれば20%前後、5~7年で50%前後、10年以上であれば借金がほとんど0になるというくらいです。 また、銀行系からの住宅ローンや、公的な機関からの借金はほとんど減額されないと思って良いでしょう。 基本的に、法律のもとに利息をつけていますので、こういったケースでは個人再生や自己破産などの手続きを勧められる事が多いかもしれません。

任意整理の減額シミュレーション

ざっくりでも、自分の場合にはどの程度減額や過払い金が戻ってくるのかを把握したい場合は、下記の様なシミュレーションでもある程度は算出できます。

Related Articles:

タメになった、俺頑張るよ!!という方は ↓をクリックして他の借金ブログを覘いてみて下さい! bana

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントを残す

サブコンテンツ
FX

このページの先頭へ

電話お問い合わせ