任意整理のリスクとデメリット

任意整理のリスク、デメリットについて書いてみます。 任意整理は、簡単に説明すると、「債務者⇔債権者」の間で返せない借金について相談をして、借金の減額交渉をする債務整理の方法です。 すごーく簡単に言うと、お金を借りた人と、貸した人が相談をして、これ以上返済できない部分の返済はもうしなくていいから、決めた金額だけちょっとずつ返していってね、って事です。 で、これだけ聞くと特にデメリットもリスクもありません。 けど、そんな上手い話だけのはずもありませんね。 ひとつずつ見てみましょう。
  1. 自己破産や個人再生と比べ減額が少ない
  2. 弁護士に支払う費用がかかる
  3. 5年から7年程度借金ができない
  4. 悪徳弁護士に依頼をすると損
こんな所でしょうか。

自己破産や個人再生と比べ減額が少ない

自己破産は借金の返済義務がなくなります、個人再生は、約5分の1まで借金が減額されます。 つまり、借金額が大きくなればなるほど任意整理では損をしてしまうという発想もありえます。 当然、借金の減額幅だけを見て債務整理の方法を選ぶのはナンセンスです。 また、任意整理は相手との交渉あってのことですので、 ケースによっては応じてくれない場合もあります。 その場合は任意整理の交渉⇒法的処理(再生や特定調停、自己破産など) という流れが多いですね。

弁護士に支払う費用がかかる

まぁ、これは他の方法でも弁護士に頼んだ場合は同様ですので 特別任意整理のデメリットにはならないかもしれません。 が、任意整理は自分でやってしまうという選択肢も「一応」残されています。 一応、としたのは、ほとんど個人でやるには不可能に近いと言えるからです。 任意整理の交渉は、貸金業者からすると当然嫌なものです。 長いこと利息を払い続けてもらって完済してもらうのが一番利益が出ますので、 どこかで任意整理など手続きをとられるという事はその時点でロスカットが発生します。 と、いう事は、任意整理には応じないケースもやはりあるのです。 それが個人レベルでの交渉なら相手にすらされないという事がよくよくあります。

5年から7年程度借金ができない

いわゆるブラックリストというやつです。 信用情報機関にあなたの債務整理歴が残ってしまい、 これがなくなるのに5~7年と言われています。 はっきりと期間がわかっているわけでもありませんので、一概には言えません。 つまり、それくらいの期間で確実に借入が必要だったりする場合や、 今後計画をしている場合には大きなデメリットになります。 ただ、任意整理をしようかどうかという段階なのに未来の住宅ローンの心配などできないかもしれませんが・・・。

悪徳弁護士に依頼をすると損

残念ながら悪質な弁護士もいるのが現状です。 本来借金整理はあなたの未来のためにする一つの「手段」であるべきですが、弁護士の金儲けのための手段になってしまう事があります。 自己破産なのか、任意整理なのか、はたまた違う方法がベストなのかは個人の借金状況や、事情、精神的な部分によっても変わってきます。 それを一概に金儲けのツールとして捉えてしまうと選択肢は狭くなってしまいます。 それに、無駄に長い期間がかかってなかなか状況が改善しなかったり、当初と全然違う金額を請求される事もあります。 当ブログでは、その様な事が起きないよう、信頼の置ける弁護士事務所をご紹介しています。 無料相談もやっているので、まずはお気軽に相談してみると良いでしょう。 おすすめの弁護士はこちら⇒ リヴラ法律事務所

Related Articles:

タメになった、俺頑張るよ!!という方は ↓をクリックして他の借金ブログを覘いてみて下さい! bana

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントを残す

サブコンテンツ
FX

このページの先頭へ

電話お問い合わせ