債務整理の実際の流れ

債務整理と一言に言っても、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産、過払い金請求など、 色々と種類がありますが、実際に借金相談をして債務整理に至るまでの流れを見てみましょう。 通常の流れでいけば、この様になります。 image2   そして、最後に任意整理をするのか、民事再生なのか、自己破産なのかの判断を 弁護士さんとしながら決定し、それぞれの交渉や提出に進んでいきます。 実際に相談するまでは不安が大きいと思いますが、だいたいの流れを把握していれば 少しは気分がラクになると思います。 では、一つずつ見てみましょう。  

1.借金相談の開始

まずは弁護士に借金の相談をしにいきます。 一般的にはこの時点で相談料がかかりますが、現在では競争が進んだために無料でやっている所が多いです。

2.債務整理受任

弁護士との相談を通じて、自分の借金状況と整理方法の選択肢を理解します。 そのうえで、その弁護士に依頼するかどうかを決めます。 逆に、弁護士側もあなたの債務整理を引き受けるかどうかを選択する権利があります。 「え?お客さんを断るの?」と思われるかもしれませんが、金儲け主義の弁護士は、 手間ばかりかかる案件と思えば断るケースもありますし、自己破産のみを薦める場合もあります。

3.弁護士報酬の取り決め

通常、着手金と呼ばれる前払いの報酬は、債務整理に掛かる必要経費と手数料を 先に支払っておくという意味合いですが、現在では後払いや分割に対応してる弁護士がほとんどです。

4.取引履歴の請求(介入通知送付)

受任する事が決まるとまずやるのは取引履歴の請求と、介入通知です。 つまり、あなたに代わって弁護士がこの借金についての全てを交渉しますよ、と。 ここからはあなたに直接取り立てが行く事がなくなります。

5.債務状況確認(過払い金)

それぞれの貸金業者に対して、いつ、いくら借りたか、それに対する金利、返済状況、 残債金額、などを正確に把握します。 通常相談中にこの作業はあなたがしていれば良いのですが、把握できてない場合は 弁護士が全ての借金を把握するために取引履歴を調べます。 同時に、長い取引履歴の場合は現在ではありえない金利がついてる場合もありますので、 その場合には払いすぎの借金を減額させ、返還請求をします。   その先は、それぞれあなたとの話し合いによって債務整理の方法を選択し、 進めていく事になります。これだけの事です。 あとは、誰に依頼をして、どの方法で借金問題を解決するか、 あなた自身で良く考える事が重要です。    

Related Articles:

タメになった、俺頑張るよ!!という方は ↓をクリックして他の借金ブログを覘いてみて下さい! bana

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

“債務整理の実際の流れ” への2件のフィードバック

  1. フッキー より:

    おはようございます。

    借金は地獄ですよね(笑)

    私もFXになんて手を出したばっかりに。。。

    915万円もの借金をしてしまいました。
    当時は月収だけで返済なんて無理だったので

    自分の場合は
    一からやり直す覚悟で自己破産を
    決断しました。

    昨日、初めて地方裁判所に債権者集会に行って
    免責がほぼ確定。

    これからでも人生やり直せると自分に言い聞かせながら日々生きています。

    でも今はクレジットなしで、
    めちゃくちゃ楽しい毎日を送っている。

    絶望のどん底にいた時に偶然目に飛び込んだアフィリエイトの文字で、人生が一変しました。今は毎日がワクワクの連続ですよ。

    色々な困難があるけど、必ずどん底から脱出してやるという心意気が大事ですね。

    あっ申し訳ない。

    言いたいことをぶちまけた感じで。。。

    自分次第ですよ。
    お互いに頑張りましょう。

  2. ノグチ より:

    フッキー様
    コメントありがとうございます!
    そうですね、やはり借金から立ち直れるかどうかは心が健康であるかどうかだと思いますm__m
    失敗しても必ず再生する事はできると思います。
    こちらこそ、お互いに頑張りましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ
FX

このページの先頭へ

電話お問い合わせ