債務整理の種類についてわかりやすく書いてみる

さて、今日は債務整理の種類について簡潔に、わかりやすく書いてみます。 債務整理と一言に言っても、4種類あるんです。 恐らく借金に悩まれている方はどれも聞いたことがあるワードだと思いますが、 なかなかその意味を理解していないのではないでしょうか? では、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産という4つの債務整理を ひとつずつ簡単にですが見ていきます。  

任意整理

まずは、任意整理から。 これは、よく言われる「債務整理」というものと思って良いかと思います。 弁護士に依頼をして、 弁護士⇔債権者 の間で交渉を行い、減額や免除の交渉を行うことになります。

任意整理が向いてる人

弁護士に見立ててもらい、それによる支払い条件の変更になれば無理な返済にならない人  

特定調停

弁護士介入しない分安上がりだが、弁護士なら「東京三会基準」を 遵守する場合がほとんどであるのに対し遅延損害金も含んだ返済になったりと 申立人が無知なまますると任意整理に比べると損だったりする。 また調停での調書や決定という文書は「債務名義」であり、任意整理なら不履行でも即差押えにはならないが、調停なら差押えがあり得る

特定調停が向いてる人

任意整理のようなことを自己判断で出来る人  

個人再生

個人再生というのは、ざっくり言うと、自己破産と任意整理の中間のような制度です。 自己破産と同じく裁判所に申し立てしますが、破産の様にすべて免除ではなく、 債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらい、 任意整理のように、長期の分割払いにしてもらう、という制度です。 減額幅は、任意整理よりは大きくなります。 また、住宅や車を差し押さえされない事が多いです。

個人再生が向いてる人

ぶっちゃた話ですが、家が無くなれば賃貸に住むし居住費は欠かせませんし、 住宅ローン以外の借金が減ればどうにかなる人に向いています。 あとは破産なら「資格制限」で職を失う人とか、明らかに免責不許可だろうと予想出来る人向け  

自己破産

これはご存知の通り、裁判所に申し出をして返済能力がないと認められれば全額免除です。 住宅など財産とみなされるものは取り上げられます。

自己破産が向いてる人

将来的に資産形成が望めて、破産することで債権債務関係をリセットすることで利益がある人。 実際には、破産はあまりオススメできる方法ではない。 親身になって考えてくれる弁護士は簡単に破産を勧めたりはしないので注意です。 心の傷も大きいので・・・。  

債務整理に弁護士は使うべきか否か・選び方について

と、こんな感じです。 書いていて再確認しましたが、かなり簡潔に書いたつもりでも見慣れない単語が 多くて、わかりにくいところもあると思います。 また、それぞれメリットやデメリットがありますので、 一概に、「こういう人はこうしろ」という原則はありえません。 それぞれの人生で、それぞれ目指すべきところや、現在の状況も違います。 その中で、あなたの希望に沿った未来を作るには、やはり弁護士に依頼をするのが 一番の近道なのではないかな?とも思います。 しかし、いざ弁護士に依頼を!と言ってもどこの弁護士が正義なのかの 判断を素人がするのは簡単ではありません。 「借金」という暗い性質上からか、債務整理や借金整理の体験談や口コミ、 失敗談などが身近に聞けないの背景もあります。 当ブログでは、その辺りをできる限りわかりやすく、判断材料とできる様な 記事を書いていきたいと思います。ではでは、また記事を書きます。

Related Articles:

    タメになった、俺頑張るよ!!という方は ↓をクリックして他の借金ブログを覘いてみて下さい! bana

    Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

    コメントを残す

    サブコンテンツ
    FX

    このページの先頭へ

    電話お問い合わせ